読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倫理の本棚ブログ

倫理研究所の出版物をご紹介します。

やればできる―元気が出るりんりの言葉①

f:id:rinribook:20151201112048j:plain
倫理研究所
新世書房/定価¥500(税込)
B6判変型 56頁

 

倫理研究所発行の「標語カレンダー『今日の道しるべ』」より、
選りすぐりの言葉をセレクトしてご紹介する
「元気が出るりんりの言葉」シリーズ。

その第一弾である本書は「やればできる」をテーマに、
元気や勇気を奮い起こしてくれる24のメッセージに、
イラストを付けてお伝えします。

 

妙手は窮境に生まれる

いくら努力しても、どうにもならないことがある。そういう絶体絶命の時は、思い切って欲心を捨ててしまう。未練も後悔も予想も、きれいさっぱり捨ててしまう。すると、思いもよらない事態が生じたり、絶妙の打開策が生まれる。いつまでも自己の狭い知識や経験に執着していると妙手は浮かばないものである。

決心すればあとは簡単

世の中のことは、なかなか思うとおりにはいかない。それを周囲のせいにしたり、相手のせいにするのが間違いのもと。境遇はその人の心のとおりに変わっていく。強い決心で臨めば、どんな困難も打ち開ける。

今日しなければ再びする日はない

今日はまたと巡って来ない好日である。世の中には、その今日を取り逃す人が多い。せっかくのチャンスが目の前にあっても、日の吉凶にとらわれたり、なまけ心、心配性が出てしまう。成功の秘訣は今日という日を活かし切ること。気づいた時に、気軽に喜んでさっと対応することである。

 

勇気を持って明日への一歩を踏み出すために、
ぜひ、本書を開いてみてください。
りんりの言葉が“やればできる”と、
あなたの今日を応援します。

 

《目次より》

・落ちたところが登り道
・妙手は窮境に生まれる
・人生に行き詰まりはない
・気魄に満ちている時できぬことはない
・受けて立つが大丈夫の心境
・朗らかな心はすべてを成就させる
・志のあるところに道は開ける
・決心すればあとは簡単
・考えるよりまず実践
・実行に理屈なし
・百言一行にしかず
・言葉は人を動かし自然を動かす
・失敗は尊い月謝
・中断は百歩後退
・初志を貫く これが繁栄の秘訣
・反復は一切を生む
・なまける心が己を粗末にする
・努力のほかに何もない
・年をとったと思うな
・さっとやればさっとできる
・難きを選べ 大物にぶつかれ
・まことを尽くせば時が解決する
・今日しなければ再びする日はない
・やればできる

 

本書は倫理研究所ホームページ内

倫理の本棚(オンラインストア)」よりお申込みいただけます。

 

rinribook.hatenablog.jp

rinribook.hatenablog.jp

一般社団法人倫理研究所|倫理の本棚 無断複製・転載を禁じます。