読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倫理の本棚(倫理研究所の出版案内)

倫理研究所の出版物をご紹介します。

「心を探る」生き方リサーチ③ いのちの扉の向こう側

やさしい倫理・実践 純粋倫理を深く学ぶ

f:id:rinribook:20160719140422j:plain

倫理研究所
倫理研究所/定価 ¥500(税込)
B6判変形 64頁

 

「心を探る」生き方リサーチの今回のテーマは、
現代社会における死者と生者の距離」です。
20歳から69歳の男女4,499名を対象に、
〈人の死〉の経験や死別した人を偲ぶ方法などを調査し、
そのデータをもとに日本人の〈死生観〉について考察しています。

例えば、亡き父母を偲ぶ方法については、次のような結果が出ています。

 

故人を偲ぶために
特別に何かは行なっていない ・・・ 男性 14.5%/女性 9.9%

たまにだが、
時間があればお参りをする  ・・・ 男性 21.0%/女性 32.9%

毎日欠かさず
お参り・仏壇を拝むなどする ・・・ 男性 16.3%/女性 14.3%

定期的にお参りする     ・・・ 男性 42.2%/女性 39.1%

命日などに
一人でその故人を偲ぶ    ・・・ 男性 29.0%/女性 41.7%

命日などに、家族や友人・関係者などと
その故人を偲ぶ       ・・・ 男性 15.0%/女性 35.0%

故人の写真を身近に置いている・・・ 男性 5.1%/女性 5.0%

陰膳などをしている     ・・・ 男性 10.1%/女性 8.2%

 

〈命日〉〈墓参〉といった「何かのきっかけで亡き父母を思い出して偲ぶ」ことが男性の特徴であり、「特にきっかけがなくとも頻繁に亡き父母を思い出して偲ぶ」傾向を持つのが女性の特徴です。

そして、男女ともに約4割の人が、
定期的に墓参を行ない、故人を偲んでいることが分かりました。

 

また、「目に見えないものを信じる」ことについては次のような結果が出ました。

 

死後の世界や霊魂は
存在していると思う。  ・・・ 男性 31.1%/女性 45.9%

「生まれ変わりや輪廻ということはある」という

感覚を持っている。   ・・・ 男性 30.7%/女性 46.1%

人智を超えた力の存在や働きがある」という

感覚を持っている。   ・・・ 男性 45.2%/女性 56.8%

「お天道様が見ている」というような

感覚を持っている。   ・・・ 男性 37.9%/女性 53.2%

目に見えるものだけが
すべてではない。    ・・・ 男性 78.6%/女性 88.0%

 

死者の肉体はこの世に存在しなくても、
「目に見えない存在」として、
身近に「いる」と感じているのは男性より女性の方が高い傾向にあります。

興味深いのは、男性の約8割、女性は9割近い人が、
「目に見えるものだけがすべてではない」と答えていること。

その他、本書に掲載された多くのデータを紐解くと、
他者や自分の〈死〉を見つめることで、
〈目に見えないもの〉や連綿とした〈いのちのつながり〉に触れることができると考えている人が多くを占めていることが分かってきます。

都市化の傾向を強める現代日本においては、
〈死者〉の存在感が希薄化しているのではないか、
かつて日本人が抱いていた死者と生者が「つながっている」という感覚は薄らいでしまったのではないかとの仮説を立てて臨んだ今回のリサーチでしたが、
かつてほど濃密ではなくても、
依然として〈死者〉とのつながりを大切にし、
〈死者〉に畏敬の念を持ちながら暮らしている日本人の姿が見えてきました。

死者を思ううえで大切なことは何か、
死に向き合うことの意味とは何か、
故人と「つながる」ことの意味とは、そして効果とは。
客観的な数値をベースにさまざまな角度から考察しています。
ぜひ、ご一読ください。

 

《目次》

プロローグ
死者とともにある日本人

データから見た日本人の死生観
男女で異なる死生観

個性化してきた人生の締めくくり方
目に見えないものの重要性
死者はこころの支えになりうるか
死者が教えてくれること

父母との別れ
父母を偲ぶ方法

男女で異なる父母への思慕
生前と死後では絆は変わるか

コラム
故人とつながることの意味と効果

昔の日本人の死生観

体験記録
癌が教えてくれた亡き父母の愛

死に対する考え方・価値観
データから見えた全体の傾向とは?
死に向き合うことの意味

コラム
都市化と死者

死者を思ううえで、大切なことは何か
学びあう魂

エピローグ
生と死はつながっている

 

倫理研究所ホームページ内

倫理の本棚(オンラインストア)」で販売しています。

『永遠の輝き』(上・下) 丸山敏雄名言集

丸山敏雄について 純粋倫理を深く学ぶ

f:id:rinribook:20160711164424j:plain

倫理研究所
新世書房/定価各¥1,000(税込)
新書判上製256頁

 

倫理研究所の創立者・丸山敏雄は、
59年の生涯で数多くの著述および講演活動を行ないました。
特に最晩年は衰えた身体に鞭打ちながら、
敗戦後の鬱屈した世に生きる日本人に対して、
苦難救済の「道」として、純粋倫理の真義を示すべく、
著述に大半の精力を注ぎました。

 

 これまでの倫理は、時勢により国により、いろいろのちがいがあった。しかし、ここに生活法則としての実験倫理は、常に不変である。〔中略〕これはちょうど、如何なる宗教も科学も否定することが出来ぬように、電燈が出来ればこれをつけ、ラジオが出来れば放送するようなものである。僧侶といえども、牧師といえども、夫婦の道・親子の道は、この倫理を外にしては正しきを得ないことを断言する。(上巻「純粋倫理の発見」より)

 苦しみを喜んで迎え、病気になれば「おめでとう」という時代が来た。それは、苦難は幸福の門であり、万人が必ず幸福になれる絶対倫理が現われたからである。

 それは、宗教でも、主義でも、学説でもない。実行によって直ちに正しさが証明できる生活の法則(すじみち)である。(「純粋倫理の発見」より)

 苦難(くるしみ)は人を苦しめるためでも、殺すためでもない。正しく生かし、ほんとうの幸福の道にたちかえらせるためのむちであり、照明(あかし)であるのです。恐るべき何物もなく、いやがらねばならぬ何物もありません。今や病気を歓迎し、苦しみを謳歌(たたえ)る時代がきました。何とすばらしいことではありませんか。(「苦難福門」より)

 

本書は、丸山敏雄の膨大な遺稿の中から、
純粋倫理の核となる言葉をセレクトしたものです。
上巻では原理・原則についての著述から、
下巻は日常生活の実践的な内容や、
短歌および書道芸術の心得などから選んでいます。

 

 今日一日が私の一生だ、今日は二度とこない、やり直しはできぬ、と気がついたら、朝寝坊などできたはなしではありません。立ちおくれたら、もう負けだと見てよい。「新しい倫理」の実践は、早起きから始まります。国家の再建もまず早起きからです。

 事を為そうとする者は、太陽をして、己の寝床をうかがわしめてはなりません。まず一仕事片付けて、ゆうゆうと日の出を迎えるように致しましょう(下巻「日常の心得」より)

 苦難のないところに、ほんとうの芸術は生まれない。

 

 艱難こそは、芸術家の師である。病魔よ、来い。これがわれらが友である。貧も苦も深ければ深いほど、われらに幸いするもの。何でも来い、なに、へたばるものか。

 

 一身に重畳する苦難の多ければますます勇み、強ければいよいよ努め、いっさいを美の絶対境に転じ、大自然を直ちに芸術とし、生活そのままを芸術と客観する大不動心に突っ立つ。

 ここに偉大な芸術が生まれる。(下巻「芸術―生活浄化の途」より)

 

丸山敏雄の言葉は常に明るく前向きであり、
今なお、あたたかな輝きを放ち続けています。

 

 「希望は心の太陽である。」日が昇れば、夜があける。いつも心に希望を持ち、太陽のように明るい心を高く掲げて堂々と進む人の前途には、決して不幸は来ない。

 悲観は、雲である。憂いは、霧である。さわやかな希望の薫風(かぜ)で吹き払おう。燈火をあかるくしよう、そして高く掲げよう。燈を太くしただけ、高くかかげただけ、必ず前途は打ち開ける。(上巻「純粋倫理の内容Ⅲ」より)

 

 

《目次より》

上巻
(一)純粋倫理の特色
(二)純粋倫理の原理
(三)純粋倫理の内容Ⅰ
(四)純粋倫理の内容Ⅱ
(五)実践の基本

下巻
(一)日常の心得
(二)家庭生活の基盤
(三)働きと職業
(四)青年へ
(五)芸術―生活浄化の途

 

倫理研究所ホームページ内、

倫理の本棚(オンラインストア)」よりご購読いただけます。

しあわせなお産―りんりの育児①

夫婦・家庭 子育て やさしい倫理・実践

f:id:rinribook:20160630102518j:plain

倫理研究所
新世書房/定価¥1,000(税込)
A5判 63頁

 

「お産は、苦しいもの」そう思っていませんか。
長い間、女性にとって「お産は一大事」などと言い伝えられてきたので、
そうした先入観があるのは、仕方のないことかもしれません。
また、むかしと違って、いまは出産についての情報が多く、
辛い出産を経験した他のお母さんの声を耳にして、
「お産=痛い、こわい、苦しい」という自己暗示にかかり、
不安におびえている人もいるかもしれません。

倫理研究所の創立者である丸山敏雄は、
本来の出産のあり方と多数の体験事例の研究をとおして、
『無痛安産の書』を著しました。
本書はそのエッセンスを現代風にアレンジし、
絵本スタイルにしたものです。

妊娠、出産、そして産後のお母さんの心構えや生活態度、
お産を控えた妻を支える夫の心得など、
平易な文章と優しいイラストが、
喜びに満ちあふれた「しあわせなお産」をリードしてくれます。

 

妊娠、出産は自分の力でできるものではありません。
その証拠に「男の子がほしい」「女の子がほしい」と思っても、
こちらの要望どおりにはいかないし、
「真夏や、真冬の季節には生みたくない」と思っても、
〝そのとき〟がきたら、おなかの中の赤ちゃんは、何の遠慮もなしに生まれてきます。
昼間でも、夜中でも。場所だっておかまいなし。
なぜなら、すべては自然がきめることだからです。〔中略〕

妊娠は、地球上に人類が誕生してからずっと、
いのちをつなぐためにつづけられてきた、自然のいとなみ。
このかけがえのないいのちを授けてくれた、自然の大きな力に、
深い感動と、感謝の心をもって、
明るく、ほがらかに、妊娠期間をすごしましょう。(「お産は喜び」より)

お産が苦しく、重いものとなってしまう原因のひとつに、
こわがればこわがるほど、落ち着きを失って、
パニックになりやすい、ということがあるのです。

いやがる、はずかしがる、めんどうがる……。
こうした気持ちをずっと引きずっていることも、安産から遠ざけることになります。
もっといけないのは、いやがることです。
妊娠にかぎらず、いやがって行なったことは、なにひとつうまくいきません。
また「身重(みおも)」という言葉のイメージから、
妊娠を〝特別なこと〟と考えがちです。
たしかに、体は重くなるし、責任も重大です。
でも、だからといって、心まで重くする必要はないのですから……。

「りんりの安産」は、むずかしいことではありません。
恐れず、憂えず、いやがらず、
妊娠を心から喜んで、
「いのちをつなぐ、大切なつとめを果たしている」という
誇りと気概をもって暮らしていけば、だいじょうぶ。
きっと、あなたも安産ができます。(「だいじょうぶ だいじょうぶ」より)

 

わが子とはじめて出会う、お母さんとなる瞬間――。
それは、かけがえのない、最高のしあわせです。

本書が、これからお母さんになられる皆さんの、
心の支えとなればなによりです。
ご一読ください。

 

《目次より》

・お産は喜び
・だいじょうぶ だいじょうぶ
・ストレスは禁物
・ふつうに ふつうに
・暮らしの中に花を
・胎教
・お父さんの役割
・はじめまして!
・りんとした心で
・大きくても 小さくても
・お母さんは元気で美しい
・お産とお金のはなし

 

倫理研究所ホームページ内
倫理の本棚(オンラインストア)」でご購読いただけます。

一般社団法人倫理研究所|倫理の本棚 無断複製・転載を禁じます。