倫理の本棚ブログ

倫理研究所の出版物をご紹介します。

しあわせなお産―りんりの育児①

f:id:rinribook:20160630102518j:plain

倫理研究所
新世書房/定価¥1,000(税込)
A5判 63頁

 

「お産は、苦しいもの」そう思っていませんか。
長い間、女性にとって「お産は一大事」などと言い伝えられてきたので、
そうした先入観があるのは、仕方のないことかもしれません。
また、むかしと違って、いまは出産についての情報が多く、
辛い出産を経験した他のお母さんの声を耳にして、
「お産=痛い、こわい、苦しい」という自己暗示にかかり、
不安におびえている人もいるかもしれません。

倫理研究所の創立者である丸山敏雄は、
本来の出産のあり方と多数の体験事例の研究をとおして、
『無痛安産の書』を著しました。
本書はそのエッセンスを現代風にアレンジし、
絵本スタイルにしたものです。

妊娠、出産、そして産後のお母さんの心構えや生活態度、
お産を控えた妻を支える夫の心得など、
平易な文章と優しいイラストが、
喜びに満ちあふれた「しあわせなお産」をリードしてくれます。

 

妊娠、出産は自分の力でできるものではありません。
その証拠に「男の子がほしい」「女の子がほしい」と思っても、
こちらの要望どおりにはいかないし、
「真夏や、真冬の季節には生みたくない」と思っても、
〝そのとき〟がきたら、おなかの中の赤ちゃんは、何の遠慮もなしに生まれてきます。
昼間でも、夜中でも。場所だっておかまいなし。
なぜなら、すべては自然がきめることだからです。〔中略〕

妊娠は、地球上に人類が誕生してからずっと、
いのちをつなぐためにつづけられてきた、自然のいとなみ。
このかけがえのないいのちを授けてくれた、自然の大きな力に、
深い感動と、感謝の心をもって、
明るく、ほがらかに、妊娠期間をすごしましょう。
(「お産は喜び」より)

お産が苦しく、重いものとなってしまう原因のひとつに、
こわがればこわがるほど、落ち着きを失って、
パニックになりやすい、ということがあるのです。

いやがる、はずかしがる、めんどうがる……。
こうした気持ちをずっと引きずっていることも、安産から遠ざけることになります。
もっといけないのは、いやがることです。
妊娠にかぎらず、いやがって行なったことは、なにひとつうまくいきません。
また「身重(みおも)」という言葉のイメージから、
妊娠を〝特別なこと〟と考えがちです。
たしかに、体は重くなるし、責任も重大です。
でも、だからといって、心まで重くする必要はないのですから……。

「りんりの安産」は、むずかしいことではありません。
恐れず、憂えず、いやがらず、
妊娠を心から喜んで、
「いのちをつなぐ、大切なつとめを果たしている」という
誇りと気概をもって暮らしていけば、だいじょうぶ。
きっと、あなたも安産ができます。
(「だいじょうぶ だいじょうぶ」より)

 

わが子とはじめて出会う、お母さんとなる瞬間――。
それは、かけがえのない、最高のしあわせです。

本書が、これからお母さんになられる皆さんの、
心の支えとなればなによりです。
ご一読ください。

 

《目次より》

・お産は喜び
・だいじょうぶ だいじょうぶ
・ストレスは禁物
・ふつうに ふつうに
・暮らしの中に花を
・胎教
・お父さんの役割
・はじめまして!
・りんとした心で
・大きくても 小さくても
・お母さんは元気で美しい
・お産とお金のはなし

 

倫理研究所ホームページ内
倫理の本棚(オンラインストア)」でご購読いただけます。

一般社団法人倫理研究所|倫理の本棚 無断複製・転載を禁じます。